ADSL おすすめ回線

ADSL おすすめ回線は?

yahoo ADSL Yahoo!BB ADSL
速度 50Mbps/最大

 

ybb adsl 申し込み

 

設置サポート無料!

 

 

月額料金がとても安い!

 

 

 

プロバイダ名

月額料金

Yahoo! BB

5年まで 1,327

5年以降 1,889

 

◇その他割引
 ・設置サポート無料が開通1ヶ月以内なら何度でも無料>

 

 

・管理人のコメント
 特徴は月額料金の安さ。業界最安値!
 個人的には、NTT電話局から近隣に住んでいたらこれを利用したいです。
 キャッシュバック等はないものの、この安さは最大のメリット。
 最安で利用したい場合は、無線LANパックなどは申し込まないようにしたいです。

 

 

詳細はこちらから。

イーアクセス ADSL GMOインターネット
(イーアクセス ADSL回線)
速度 39Mbps/最大

 

GMO adsl 申し込み

 

工事費、最大4ヶ月無料!

 

 

月額料金が安い!

 

 

プロバイダ名

月額料金

GMOインターネット

 

1,970〜

 

・管理人のコメント
特徴は月額料金の安さ。
学割もあり、学生の方にも
おすすめできる回線です。
 (学割970円〜!)

 

 

詳細はこちらから。

フレッツ ADSL ネットナビ
(フレッツ ADSL回線)
速度 47Mbps/最大

 

インターネット 安い 契約 比較 ADSL

 

 

キャッシュバック 5,000円!
  (ADSLは回線 指定ISPで5,000円)

 

 

 

 

プロバイダ名

月額料金

BB excite

 

3,398〜

 

・管理人のコメント
回線とプロバイダの申し込みで、
5,000円のキャッシュバック。
ADSLは固定電話回線が
あれば、安いことが最大のメリット。

 

 

ただし、光回線がかなり割引に
なっており、割引価格から比較すると
マンションではADSLは
500円程度(/月額)のコストメリットなので
光を選択することもアリだと思われます。

 

 

詳細はこちらから。

 

ADSLの特徴

ADSLはキャッシュバックなどの
特典がいい契約はあまりないです。
ですが、最大のメリットは
料金がとても安いこと!

 

 

ADSLは少々厄介な特性がありますので
解説をしてみたいと思います。
ADSLの特徴として
サービス提供の際に明示
している速度がほぼ出ません。

 

 

「ええっ!?そうなの!?」
という方がほとんどだと思います。
これはADSLがどういうものか
一般的には知られていないからです。
もちろん私も知りませんでした。
このページではADSLの特徴を
わかりやすく説明していきます。

 

 

解説を確認いただき、
メリットを感じる方は
ADSLの利用もおすすめします。
環境によっては、速度が十分で
光回線よりも安く利用できるからです。

 

 

ですが、ここを理解せずに
申し込んでしまうと
期待したサービスが受け
られないということもありえます。
よくご確認のうえ、ご自身で
判断してみてください。

 

 

当サイトでは一般概要を
提供するまでです。
詳細を確認したい場合は
サービス提供者への
ご確認をお願いいたします。

 

 

補足ですが、ここでは宅内の
環境等までは説明しきれません。
また、責任は負えませんが
アドバイス程度でよろしければ、
メールでご相談に乗ります。

 

 

では、ADSLの特徴説明を
していきたいと思います。
早速ですが、ポイントはこちら。
 @伝送距離が長くなるとデータがなくなる
 Aノイズにとても弱い

 

 

シンプルに要約すると上記の通りとなりますが
詳しく見ていきたいと思います。

 

 

@伝送距離が長くなるとデータがなくなる
これはイメージ例を挙げますと、音がいい例です。
「遠いと聞こえなくなる」というのと同じです。

 

 

データ通信も距離が遠くなると
データがなくなっていきます。
(ケーブルで限界の距離があります)
(光回線も限界がありますが
電気信号の比ではないです)

 

 

少々、専門的なことは省略しますが
ADSLの場合、NTT局舎から
2〜3km以上離れた
場所に自宅がある場合
ほぼ、サービス通りの速度は出ません。

 

 

ADSLは固定電話の電話線を
使用しています。そもそも、
電話用にしか作られていない電話線に
大容量のデータ通信は
無理があります。

 

 

ADSL通信での
通信可能距離は7km程度です。
このくらい遠くなってしまうと
速度は1Mbps程度が限界です。
(諸説ありますが、だいたい
同じようなものだと思います)

 

 

少々強引かもしれませんがここで
@伝送距離が長くなるとデータがなくなる
の結論です。NTT局舎から2〜3km以内であれば

5Mbps以上で利用できる可能性がある

 

 

NTT局舎から7km以下であれば

利用できる可能性がある。

(1Mbps程度でも良ければ)
※インターネットを見る、メールする、
程度であれば支障はありません。
動画利用が多いと厳しいです。

 

 

※NTTのサイトに距離の
測定サイトがあります。
下記にリンクを紹介しています。

 

 

距離と速度の関係
についての参考図です。
イメージに御覧ください。
ADSL 伝送距離

 

ADSL回線業者の情報を
元に作成していますが
3km以上はほぼどの
サービスも変わりません。

 

 

このため、8Mや、12Mまでの
サービスに申し込むことを
おすすめします。
また、40M以上の高速ADSLは
1km未満でも20M程度出れば良い
というのが現実だと思われます。
(表は理論値に近いと思います)

 

 

続きまして
Aノイズにとても弱い
の解説です。

 

 

先ほども記述していますが
ADSLは固定電話の電話線を
使用しています。電話用にしか
作られていない電話線に
大容量のデータ通信は
無理があります。

 

 

ノイズに対しても無理が
ある構造になっています。
具体例で挙げますと、
通常ケーブルというものは
シールドと呼ばれ、信号に
別の信号が混ざらない
加工をしています。

 

 

このシールドは金属で
被ったりしますが、電話線は
紙で被ったりしているものもあります。
(昔からある規格、製品なので)

 

 

こうなると、ノイズ源が
近くにある場合、ノイズが侵入
しやすくなりデータが壊れます。
(電話線の経路に、大きい道路、
電車や、工場など重機などが
あるところはひどいノイズ源です)

 

 

ノイズ源が近くにある場合の補足ですが
電話線がNTT局舎から自宅までの
経路すべてにおいて、上記のような
ノイズ源がすべて影響します。
(厳密な経路はわからないものですが)

 

 

また、マンションでの利用も
ポイントがあります。
特に高層マンション、高層階。

 

 

なぜかというと、これも
電話線にポイントがあります。
マンションは電話線が配電盤に行き
そこから、各部屋に分配等されます。
そこからは、屋内用電話線などで
配線されます。

 

 

これがまた、ADSL通信にとっては
良くない、シールドのない
電話専用の線で、当然、
ADSL向けでないものなんです。
電話線の幹線よりも
さらにノイズに弱い線なんです。

 

 

この電話線が長く使用される
高層階ではADSLは向きません。
また、ADSLが利用できるかどうか
わからないレベルになることもあります。

 

 

話を戻しますが
実際の回線選びの考え方目安ですが、
NTT局舎から自宅までに
国道、高速道路、鉄道、工場など
はあるか、いくつあるか、などを
想定してみてください。
こういったものが少なければ
好条件ということになります。

 

 

私の場合、昔のADSL利用のケースで
・NTT局舎から自宅まで4km
・線路2本、幹線道路1本
でリンク速度が約1Mbps未満だった
という記憶があります。
(少々記憶が曖昧ですが)

 

 

上記までが、ADSLのポイントでした。
では、うちの条件はいいの?
となりますが、それは以下の
サイトを参考にすると
利用環境が良いのか、
具体的に確認が出来ます。

 

 

伝送損失を確認する(距離も出ます)

距離の算出参考サイト

NTT東日本エリア
http://www.ntt-east.co.jp/line-info/

 

NTT西日本エリア
http://www.ntt-west.co.jp/open/senro/senro_user_index.html

 

 

上記サイトの伝送損失「dB」
については20dB未満であれば
数Mbpsの速度で利用できる
可能性があります。

 

 

それ以上の数値であれば
光回線の利用も検討される
のをおすすめします。

 

 

「キャンペーンでの確認ポイント」へ

 

TOPページへ