インターネットに必要なもの

インターネット回線比較 比較のマメ知識

 

インターネット利用の際に
必要な物は何かご存知ですか?
(家庭用のインターネット利用を前提にしています)
この知識を少し知っているだけで
自分の環境に合った比較や、
選択ができるようになりますよ。

 

 

早速ですが、以下の2点があれば、
基本的にインターネットが
使えるようになります。

1.回線
2.ISPサービス

※ISP = インターネット サービス プロバイダ

 

 

1.回線

光回線、ADSL、ISDNなどと呼ばれる
通信専用の回線です。
この回線が、ご自宅から回線業者へ
通信し、さらに2.で記載した
ISPまで接続しています。
(回線だけではインターネットに接続していません)

 

これで「ご自宅からISPまで」つながりました!

 

 

2.ISPサービス

ISPは回線からインターネットに
つながっていますが、そこへ出ていくための
関所のような機能をしています。
ここを通過するため、ISPに利用者は
身分を明らかにし、認証を行なってから
インターネットへの接続を提供します。

 

これで「ご自宅からインターネットまで」つながりました!

 

(ISPは、インターネットの世界へ接続
するために利用者の管理している会社です)

 

 

 

この2つがあればインターネットに
接続することができます。
具体例で補足しますと、

1.NTTのひかり回線
2.BIGLOBEの利用契約

これがあればインターネットに接続できる!
ということです。

 

 

補足ですが、料金も上記2つの会社の
料金合計がインターネット利用の料金となります。
@回線料金AISP料金の2つが
必要になることをおさえておくと
とてもわかり易くなります。

 

光回線 マンションコースについて

「マンション」利用の場合は
少々確認が必要になります。
といいますのも、マンションの規模、
機器の設置時期などによりマンション内の
回線分配方法が異なるためです。

 

 

参考までにNTT東日本のマンションコース、
料金を記載しておきます。

 

このように、料金が異なります。
多くの戸数があるほど利用者が多く
月額利用料金も安くなっていきます。
(場合により、通信速度も異なります)

 

 

余談ですが、当サイトで紹介している
月額料金は、マンションの場合、
利用者が多いと思われるコースで
料金表示をしています。
参考程度にご確認ください。

 

 

ご自身がお住まいのマンションで
どの方式で回線がつながっているかの
確認方法についてですが
マンションの管理会社などに
確認が必要になります。

 

 

補足ですが、設置されている機器は
ほかにに選ぶことはできませんので
既設されている機器のコースで
利用することになります。

 

 

現在、回線の種類、ISPの種類が多くなり、
さらに各社のオプションサービスが多数あり
何を選んでいいかわかり辛くなっている
のではないかと思います。

 

 

このサイトでは利用者の方々の
それぞれのニーズにあった
サービスをご紹介できるよう
情報提供をしていきたいと思っています。

 

 

次のページ「回線の種類とは?」へ

 

TOPページへ